AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

人財育成体系・研修制度

社員の能力開発を支える人財育成体系は「研修」「自己研鑽」「OJT」の3つの柱で構成し、目指す社員像へ向け社員一人ひとりの成長を積極的にサポートしています。
キャリアアップに応じて階層別・テーマ別に実施する集合研修をはじめ、全社員の知識レベルの維持・向上を目的とした「全社員マスタープログラム」を毎年継続して実施、また自学自習で幅広い知識の習得を図る「チャレンジアカデミー(社外通信研修)」を提供する等、自ら学ぶ風土の醸成を図っています。

1.OJT体制について

育成プログラムに基づいた段階的・計画的な指導を、コミュニケーションが活発で風通しが良く、また個々人を尊重したワークライフバランスの取れた職場環境の下で行います。自らの業務の目的や意味合いについて理解を深め、自主性を持った社員の育成を行うことで、①OJT対象者の戦力の早期最大化、②育てる風土の定着、③組織総合力の向上を図っていきます。

OJT対象者
:OJT指導を受ける対象者を指します。
OJT社員
:OJT対象者1名に対しマンツーマンで設定されているOJT指導担当者を指します。 (チーム長等、OJT指導スキルを有する社員)

※OJT社員による指導に加え、職場の先輩社員(特に年齢の近い社員)は、日常的なアドバイスや心情面でのフォローでOJT対象者をサポートします。

「学ぶ風土が定着している状態」とは?

  • ・自らの将来のなりたい姿を思い描き、そのために何が必要か認識し、学び続けている
  • ・日常業務の中で、向上心を持って組織全体で成長していこうとする意識が全員に定着している

「育てる風土が定着している状態」とは?

  • ・特別な指示がなくても、OJT対象者以外も含めた全ての社員の教育・育成がなされている
  • ・所属社員全員が「部下・後輩を育てたい」という自発的な思いで行動しており、それに対し後輩も感謝している
  • ・自部署のOJT対象者のみでなく、部支店所属の全OJT対象者を育てる意識を持っている
  • ・ライン長は、育成段階に応じて管下社員が拡大高度化した役割にチャレンジできるようリードしている

2.社員チャレンジ制度

社員一人ひとりの個性と能力を十分に発揮できる場として、全社員を対象とした社内公募制度を実施。世界トップ水準の保険・金融グループの中核を担う企業として、その根底を支える『人財』への投資は、最も重要な取り組みであると考えています。

【1】社内公募制度(ポストチャレンジ)
特定部署あるいはポストへの希望や具体的なテーマを持っている社員を公募し、人事異動に反映させるものです。意欲ある人財・専門性の高い人財の発掘に向け「双方向の公募制度」を導入して、会社が必要とする専門知識・能力の要件を社内に公開し、応募者の中から人財を登用する制度です。
【2】MBA派遣制度
中堅社員層のモチベーションアップ、次世代幹部候補社員の養成、ならびに自己啓発風土の定着を目的として、一橋大学大学院商学研究科(HMBA)や、同大学院の国際企業戦略経営科(ICSMBA)へ企業派遣を実施しています。全日制の2年間で経営戦略・経営組織・企業財務・マーケティング等の講義をベースに金融関連科目の履修を通じ、高度な専門知識を身につけることにより、会社貢献度の高い人財育成を目指します。
【3】海外研修制度
当社のグローバル戦略の進展に伴い、国際的視野、多様な価値観を持った専門的な人財の育成を目的とした海外研修制度を設けています。当社の海外現地法人で1年間にわたり実践的な経験を付与する海外現地法人派遣を実施、2015年度からは公募とし、社員が積極的にチャレンジできる制度です。
トップへ戻る