AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

人事メッセージ

皆さんとのこれからの出会いに想いを馳せながら、
本年度の採用にかける、採用担当者の「想い」をご紹介します。

「人との繋がりを大切に」

就職活動は辛く厳しいものだと思います。しかし、そういう時こそ一度立ち止まって周りを見てみてください。就職活動は1人でするものではありません。家族や仲間、そして企業側の人間にだって頼っていただいて良いと思います。これは、仕事をする上でもまったく同じ。同僚・先輩・上司がいて、そして取引先の皆さんがいて、多くの方に支えられながら仕事をしています。損保業界は、多様な考え・業界の皆さんと密接に関わる大変難しい仕事です。例えば営業部門であれば、自社の保険知識だけでなく、お客さまの業界知識や高いコミュニケーション能力が求められます。また、損害サービス部門は交渉力を求められる機会が多く、精神的なタフさも必要になります。どの部門も日々勉強であり、楽な仕事はひとつもありません。だからこそ、周りのメンバーとの協力が必要不可欠であり、人との繋がりの中から生まれるやりがいや達成感というものがあります。皆さんも、時には頼り、時には頼られながら、一歩ずつ前進していきましょう!人との繋がりを大切に、自分らしく就職活動を行ってください。

人事部 採用グループ
小林 義輝

「未来を描いていくためのスタートです」

みなさんは何のための就職活動をしますか?様々な答えがあるかと思いますが、その根底にあるのは全て「自分自身のため」です。
就職活動をする中でみなさんはこれまでの人生を振り返り、悔しかったこと、頑張ってきたこと、大切にしてきたこと、心が奮えたこと、様々な瞬間を想い出しながら「自分はこれから何がしたいのか」と真剣に将来について考えていくはずです。就職活動には正解がなく、うまくいかず自信をなくし辛く苦しい時があるかもしれません。でもそれでいいのです。大いに悩みたくさんもがいてください。初めからきれいな道はありません。その道をつくり切り開いていけるのは他でもなくみなさん自身だけです。そして内定はゴールではないということ。これから先、どんな大人になっていきたいか。その未来を描いていくためのスタートです。
今までの自分に自信を持ち、繕うことなくありのままのみなさんを私たちに伝えてください。私たちもそんなみなさんに真っすぐ向き合っていきたいと思っています。

人事部 採用グループ
永瀬 安梨

「自分の人生と真剣に向き合うとき」

皆さんは本気で自分の将来について考えたことはありますか?今後どのような人生を歩みたいと考えていますか?内定をもらうことのみを目的に就職活動をしている人と、将来を少しでも具体的にイメージしながら就職活動をしている人とでは、その行動に大きく差が出てくると私は考えています。
就職活動は内定をもらうために行うものではありません。自分の人生を決めるために行うものです。自分自身の働き方をなるべく具体的にイメージしてみてください。
そうすれば、おのずと「そのイメージを手に入れる為には今何をすべきか」が見えてくるはずです。
なんとなく就職活動をするのではなく、自身の意思の下得た結果にこそ、意味があると思います。
就職活動ほど、自分の人生について真剣に向き合う期間は中々ありません。そして真剣に向き合うほど苦しいはずです。私は、そんな皆さんを「新入社員」という身近な立場から親身に支えたいと思っています。

人事部 採用グループ
河原 結乃

トップへ戻る