AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

人事部長からのメッセージ

既成の枠にとらわれない、
「個性ある人財」とお会いしたい。

人事部長

新納 啓介

Keisuke Niiro

中堅各社の長所が
バランス良く一体化した企業

社名からも明らかな通り、当社はさまざまなプロセスを経て複数の会社が一つになった企業です。日本の「4大損保」の中で他3社はいわゆる“財閥系”ですが、当社だけは中堅損保会社の集合体であり、いい意味での中堅企業らしいDNAが今も引き継がれています。地域に密着したサービス、社員一人ひとりの個性を尊重した人財育成、過去の慣習にとらわれず常にチャレンジする姿勢、柔軟で明るい企業風土など、大企業にありがちな硬直化した組織とは対極にあり、中堅規模で勝ち残ってくる中で厳しい局面を乗り越え、チャレンジャーとしての姿勢と統合前の各社の強みを活かして、極めてバランスの取れた一体感ある組織を実現しています。
2016年には新しい経営体制のもと、企業風土の改革をさらに推進、また進行中のMS&ADグループ中期経営計画「Next Challenge 2017」の進捗も順調に推移しており、新体制の下で一気に上昇気流に乗っていこうというポジティブな雰囲気に会社全体が包まれています。
また並行して、ワークライフバランスやダイバーシティなども推し進めており、そうした人財戦略・制度の面からも新しい体制が構築されています。
当社は部門の垣根を越えた人財の交流を進めており、より活性化した組織を目指しています。
人の幅を広げるためには、やはり経験が不可欠であり、「10年で3職場」というジョブローテーションの原則は維持していきます。

斬新なサービスや戦略で
お客さまの声に全力で応える

当社が業界に先駆けて取り組むサービスやプロジェクトには枚挙にいとまがありません。
例えば、次世代の自動車保険とも言われ事故の低減にも貢献する「テレマティクス保険」の開発を業界のパイオニアとして早くから推進し、その一環として英国の企業を買収。さらに、滋賀大学のデータサイエンス学部とビッグデータを活用した保険サービスの高度化に関する共同研究によってさらなる進化を目指しています。また、自動運転への対応として、群馬大学との共同研究も開始しました。
2016年4月の熊本地震の際は、被災者の方々の一刻も早い生活再建のために「保険金のお支払いに全社一丸で取り組むこと」を掲げ、当社の行動規範である「全力サポート宣言」、すなわち「迅速」「頼れる」「優しい」のコンセプトを実直に遂行し、実際に各損保社の中で最も早く保険金のお支払いが完了しました。
さらに、保険ビジネスの枠を超えて地方創生も推進し、商店街の活性化や若年層の呼び戻しなど、魅力ある地域づくりに貢献しています。他にも、AIやICT導入による事故後対応の自動化と迅速化、業界初の24時間365日事故対応、欧州市場での「トヨタ保険」の実現、業界初のプレミアムフライデーの導入など、「私たちらしい」柔軟で斬新なサービスや戦略などを次々と展開しており、今後もそうした姿勢をより鮮明にしながらお客さまの声に全力で応えていきます。

失敗を恐れずにチャレンジしていく
気概が求められている

保険というのはカタチのない商品であり、商品価値を高めていくのは「人」以外にありません。特に昨今、保険業界は技術革新や市場の変化など変革期の真只中にあり、“保険業界は成熟市場”というイメージは過去のもの。私たちは失敗を恐れずにチャレンジする人財を求めており、それを後押しする会社を目指しています。ベテラン社員にもそういった挑戦意識を持った人がたくさんいます。また、社員の提案から起業を実現した「社内ベンチャー制度」や「ポストチャレンジ制度」といった新たなフィールドに挑戦できる制度もあります。
当社の目指す企業像は「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社」です。その実現には、既成の枠にとらわれない「多種多様な光る個性」の持ち主が必要です。学生の皆さんとお話していると、マニュアル化された同じようなコメントが多いことに驚きます。
当社が求めているのは個性あふれる人財。私たちもありのままをお伝えしますので、ぜひご自身のありのままをぶつけて欲しい、そして自分の言葉で話をしていただきたい、そう強く思っています。そういった方達にどんどん私たちのフィールドに入ってきて欲しい。私たちは挑戦意欲に溢れた学生に魅かれ、またそこを評価しています。そんな学生さんにお会いできることを心から楽しみにしています。
これからは、あなたが主役。あなたが会社の未来を創っていってください。そして入社後はぜひ、失敗を恐れずに思い切ってチャレンジしてください。私たちもみなさんと一緒にチャレンジしていきたいと思います。

トップへ戻る