AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

損害保険の仕事

入口(保険の引き受け)から、出口(保険金の支払い)まで
お客さまをリスクから守る

損害保険会社の役割をひとことで言えば「入口(保険の引き受け)から出口(保険金の支払い)までお客さまをリスクから守る」こと。それを成し遂げるためにはさまざまな力が必要です。だから損害保険会社の仕事も多種多様。「入口」を担う営業部門、「出口」を担う損害サービス部門、また営業と損害サービスの仕事をバックアップする本社管理部門に、多くのスペシャリストが活躍。損害保険会社は、いろんな個性、いろんな才能が活かせる場なのです。

営業

世の中に広く商品を届ける流れをつくる、
代理店のビジネスパートナー

損害保険の営業は、「代理店」を介してお客さまへ商品をご提供します。分かりやすくいうと、直接お客さまへ商品をご提案・販売する代理店が「販売店」の機能を果たし、一方、代理店に商品を提供する保険会社は「メーカー」の役割を果たしているといえます。

損害保険の営業部門の仕事を一言でいうと、「代理店」をサポートし、コンサルティングすること。新商品の説明や正しい事務処理、提案方法の指導はもちろんのこと、代理店の経営に関わる提案も行います。自分が担当する代理店一店一店と本気で向き合い、私たち自身が学び、信頼関係を築く。「ともに挑戦し、成長していく」過程を通じて、お客さまへ最高の商品・サービスを提供していきます。

営業部門は担当する代理店によって、以下のように三つの部門に分かれています。

部門 担当代理店
リテール営業 プロ代理店、モーター、不動産会社、整備工場、金融機関など
企業営業 上場企業
ディーラー営業 自動車の販売会社

損害サービス

「損害サービス」は、損害保険の
「商品価値」そのもの

損害サービス部門は、事故の被害者だけでなく、加害者の方々とも日々接し、事故や災害の解決を図り、最終的に保険金をお支払いして、安心していただくまでの役割を担っています。解決に導くまでの交渉は、非常にタフなものになることも少なくありません。
大きな事故ほど、相手方との交渉が難航するケースが多く、ときには解決までに数年かかることもあります。
しかし、誠心誠意対応していくことで和解を得て、解決に導くことができたときの充実感は大変大きなものです。お客さまが商品価値をもっとも感じるのが「事故が発生したとき」であり、損害サービス部門の仕事は、とても高度かつ重要なものなのです。まさに、保険の意義を実感できる仕事です。

損害サービス部門は扱う種目によって、大きく以下の二つに部門が分かれています。

部門 種目
自動車損害サービス 自動車事故
火災新種損害サービス 火災・地震・ケガ・賠償責任の事故

本社

資産運用、商品開発、国際展開などを推進し、
新たな価値を創出

各部門のスペシャリストとして、損保ビジネスの最前線に立つ営業部門、損害サービス部門をサポートするのが本社部門です。ここには経営企画、人事、法務、情報システム、コンプライアンスといった管理機能のほか、お客さまからお預かりした大切な資産を運用する資産運用部門(安定的な資産運用を行うことで、低価格の保険料の商品を低リスクで提供できるのです)、さらにマーケットにあわせた戦略立案と実行を指揮する営業企画・推進部門、市場をリサーチしてお客さまにとってより価値がある商品・サービスを生み出す商品開発部門、海外への拡販を目指し、現地法人の設立・運営を担う国際部門などがあります。各部門では専門性の高い仕事が行われています。

資産運用部門 預かった資金を安全かつ効率的に運用
商品開発部門 新しいリスクに対応した商品の開発
企画・推進部門 各部門の戦略立案・執行・支援
業務・事務部門 保険の契約の流れを構築する部門
国際部門 海外のリテールマーケットや日系企業マーケットに対応
情報システム部門 社内インフラの整備・改良、代理店オンラインシステムの開発など
その他管理部門 総務・人事・経営企画・法務・経理・お客さまサービスなど
トップへ戻る