AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

若手座談会

Cross Talk

若手社員によるクロストーク。
入社の理由をはじめ、仕事の面白さ、日々の心掛け、ぶつかった壁、働く場としての魅力などを本音で語ってもらいました。彼女たちの発言から、ここあいおいニッセイ同和損保で働くことのリアルなイメージをつかんでいただけたらと思います。

竹田奈未

本社部門
営業統括部
2012年入社

倉持 翠

損害サービス部門
首都圏ディーラー損害サービス部
2015年入社

谷屋成美

営業部門
東京自動車営業第二部
2013年入社

入社の理由は?
魅かれたポイントは?

倉持 “お客さまを大切にする風土”が素敵だと感じました。他ではあまり強く感じられなかったことです。この印象は、入社後すぐに実感できました。実際に、事故対応した契約者さまからアンケートをとり、その内容を社員が確認し、お客さま対応力の向上に役立てるようになっています。

竹田 私も同感です。常にお客さまの存在を意識して、お客さまの安心のために心を尽くして仕事をする。そんな風土がしっかりと根づいています。とても素敵なことだと思います。また、女性が長く活躍し続けられる環境が整っていると感じたことが決め手になりました。

谷屋 私も、長く働きたい!という想いに応えてくれる会社であることがポイントでした。それから表面的な部分だけを評価するのではなく、その背景にある思いを酌んでいただき、またその姿勢が伝わり、誠実であること、個々をしっかり見つめる会社であることを感じ、ここでなら自分らしく働いていけると確信できたのが大きかったですね。

竹田 セミナーや面談で社員の方々にお会いして、こういう人と働きたい、こういう人になりたいと思えたことも大きいですね。

倉持 キレイごとの話だけではなく、仕事の大変さも含めて、ありのままの現実を話してくれたのも好印象でした。

谷屋 そうそう。誠実さが伝わってきましたね。キレイごとを並べる企業も多い中で、社員の方々の本音トークが心に響きました。

現在の仕事は?

竹田 営業部門の方針や営業目標、戦略の企画・推進を行うのが営業統括部の役割です。その中で私は、営業現場からの問い合わせに応じたり、広報用の成績データを作成したり、明るく元気に頑張る社員を取材して社内のHPで紹介したり…等々を行っています。また、会社が収益を残すにはどうすれば良いかという分析や研修講師などもしています。

谷屋 都内トヨタ販売店を担当するディーラー営業です。ディーラースタッフの車両販売とともに、当社の自動車保険を販売していただけるよう働きかけ、管理することが主な業務です。またスタッフの保険業務フォローも行い、店舗と一緒になって業績アップを目指す役割も担っています。

倉持 自動車事故対応をしています。基本的には事故の受付はフリーダイヤルに入りますが、そこから担当の部署に届いた事故の内容を確認し、対応を開始。事故を起こされた契約者さまにご連絡し、自動車の修理額を査定し、お支払手続きを行います。また、相手方のいる、車対車の事故対応では、お互いの責任割合などを決める示談交渉なども行います。

仕事をする上で
心掛けていることは?

竹田 迅速な対応をすること、そして優しく、頼れる存在であることを心掛けています。営業現場にとっても、そして同僚にとっても、そのような存在でありたいです。

谷屋 その想い、営業現場にもしっかり伝わっています。安心してください(笑)。

竹田 良かったです!その言葉が何より嬉しいです。

谷屋 私が日々、心掛けていることは、いつも自分の気持ちに正直であること、店舗のスタッフを大切に思うこと、常に自分は周りのみんなのおかげで仕事ができているという感謝の気持ちを忘れないこと。誠実でなければ信頼関係は生まれないし、思いやりがなければ誰からも協力は得られないし、感謝の気持ちがなければ自分の成長も叶わないと思っています。

倉持 凄い。私も見習いたいです。

竹田 感謝の気持ち、大事なことですよね!

谷屋 すごい?そんな立派なものじゃないです。でも、嬉しいかも。ところで、倉持さんはどんなことを心掛けていますか?

倉持 はい。私は、迅速な対応を常に心掛けています。事故でお困りの契約者さまにスムーズに保険金をお支払できるよう最大限の配慮をしています。書類が届いたらすぐに支払う、連絡が必要なお客さまにはすぐに連絡するなど、契約者さまの不安を1日、1時間、1分でも早く解消してあげたい!そんな想いで仕事と向き合っています。

谷屋 契約者さまを大切にする、そんな想いを聞いたら、ディーラーの皆さんもきっと喜ぶと思います。そして当社の保険を優先してお客さまにお薦めしていただけると思います。

倉持 そうして頂けるととても嬉しいですね。

竹田 サービスセンターと営業とディーラーが、倉持さんと同じような想いでつながったら、きっと契約者さまの安心は、もっと大きくなるんでしょうね。

倉持 それって、素敵な考えですね。契約者さまに安心して頂けるよう、これからも頑張ります。

谷屋 私も倉持さんの想いをディーラーの皆さんと共有します。

壁にぶつかったことは?
それをどう乗り越えた?

倉持 初めて対応した内容の仕事で「何もわからないなら別の担当者に変えてほしい」との申し出を受けたことです。ショックでしたね。でも、ご契約者さまからしたら当たり前のこと。だから、その申し出を謙虚に受けとめ、その後は先輩の助けを借りながら、一つひとつ誠実な対応を進め、その結果無事に示談を成立させることができました。これは後日談なのですが、そのご契約者さまからお電話をいただき、「あなたの想いに感謝します」と。

竹田 感動的なエピソードですね。

谷屋 一番嬉しい言葉ですよね。お客さまに想いが通じることって、一番の醍醐味かも。それが仕事のモチベーションにもつながるから。

竹田 壁はたくさんありましたが、中でも営業成績のデータを誤って入力してしまったことがありました。あれは大失態でした。営業成績は表彰や評価にも関わる重大なものなので、多大な迷惑をかけてしまいました。すぐに上司・先輩に相談したことでトラブルを最小限に抑えることができましたが、この出来事が教訓となって、絶えず正確な仕事をするという意識につながっています。

倉持 失敗から学ぶことって、たくさんありますね。

谷屋 あるある。失敗から学んだ教訓が、それ以降の仕事の質を上げていくってことなのだと思います。私の場合の壁は、ディーラーの皆さんとの信頼関係づくり。ただの仲良しではなく、真のパートナーになることが難しかったですね。でも、“『ありがとう』をただひたすら、実直に集めなさい”という上司の言葉がきっかけで、乗り越えられました。相手の頑張りに『ありがとう』と言う、私の頑張りに『ありがとう』をもらう、そんなことの積み重ねこそが、信頼関係につながるとわかって、壁はなくなりました。

竹田 上司の助言、素敵ですね。いいお話です。

倉持 ドラマのワンシーンみたい。私もぜひ実践してみたいです。

今の仕事をしていて、
良かったと感じることは?

竹田 営業現場を支えるのが私たちの仕事。それに対して「ありがとう」と言っていただけることがやりがいにつながります。お手紙をいただいたり、お菓子を持ってきてくださったり…ということもありました。谷屋さんの“『ありがとう』を集める”という姿勢と同じです。

谷屋 営業統括部にとっては営業第一線が、いわばお客さまですからね。

竹田 そうですね。これからも「ありがとう」を通じての信頼関係づくりをしていきたいと思います。

倉持 良かったことは2点あります。一つはやはりお客さまの感謝の声を直接聞くことができること。解決のご連絡を差し上げた際に「ありがとう」というお言葉をいただけることがいちばんのやりがいです。もう一つは上司や先輩に恵まれていること。皆さん常に自分の周りに気を配られていて、私が困っていると絶妙のタイミングでフォローしてくれます。これって幸せなことですよね。

竹田 私も同じ気持ちです。上司、先輩に恵まれて、幸せです。

谷屋 一生懸命取り組んだことが成果となったとき、またディーラー店舗の皆さんが喜んでくれたとき、自分のことのように嬉しいです。そして一人ひとりから「頼りになるパートナーである」と言ってもらえることが何よりの喜びであり、それがやりがいとなります。

倉持 単なる仕事関係の間柄から、かけがえのないパートナーになる瞬間があるのだと思いますが、それって最高の喜びですよね。

谷屋 最高です。ここにドラマがあるんです。そして、この人のために、この店舗のために頑張ろう!という意欲が湧いてくるんです。

最後に学生たちへの
メッセージを。

竹田 とにかく、人に恵まれていると常々感じています。同僚にテストや結婚、駅伝などのイベントがあれば、グループLINEでみんなが応援メッセージ、お祝いの言葉を送り合うような、本当に温かい社員が多いです。

倉持 私も同じく、入社してつくづく感じるのは、人に恵まれているなあ、ということです。社員の人の良さには自信があります。就職活動の際は会社の事業や職務内容だけでなく、ぜひ社員の人柄にも触れてください。その魅力を感じとってみてください。

谷屋 個性豊かな優しい人財がたくさんいること、それが当社の自慢です。また、やる気やスキル次第で全域型・地域型、性別や年次問わず、仕事を任せてくれる環境があることも、当社の魅力です。自分次第で、いろんなことに挑戦できます。ぜひ、一度、当社の門を叩いてみてください。待っています。

竹田 就職活動中は周りの友人のことが気になったり、思い通りに進まなかったりすることもあると思いますが、自分のペースを見失わずに、自分の人生で一番大切にしたいことは何か、ということに向き合い続けてください。応援しています。

倉持 就活中は、やりたいことは何か?どんな風になりたいのか?など悩みが尽きません。ただ、最終的には自分に素直であることがいちばん。自然体のあなたを表現すれば、それでいいのだと思います。また、企業のプラス面だけでなく、現実的なマイナス面にも目を向けることをお忘れなく。

谷屋 就活中に見えている世界はきっと仕事をしてみればほんの一部で、どこに行っても思い描いた通りの環境であることは保証できません。だからこそ背伸びをせず、見栄を張らず、自分らしくいることをいつも大切にしてください。そうすれば見ていてくれる人は必ずいます。そして自分の人生の居場所は、きっと見つかるはずです。

竹田 さまざまな企業に、無限に出会える機会は今だけだと思います。だからこそ、この絶好機を楽しんでください。そして興味があれば、ぜひ当社にも足を運んでみてください。お会いできる日がくることを心から楽しみにしています。

INDEXへ戻る
トップへ戻る