AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

人財育成体系・研修制度

1. 目指す社員像

「自ら学び自ら考え、チャレンジし、成長し続ける社員」

2. 人財育成基本方針

人財育成体系は「研修」「自己研鑽」「OJT」の3つの柱で構成され、目指す社員像へ向け社員一人ひとりの成長を積極的にサポートしています。階層別・テーマ別に実施する集合研修をはじめ、全社員の知識レベルの維持・向上を目的とした「全社員マスタープログラム」を毎年継続して実施、また自学自習で幅広い知識の習得を図る「チャレンジアカデミー(社外通信研修)」を提供する等、自ら学ぶ風土の醸成を図っています。

3. 職場での人財育成

育成プログラムに基づいた段階的・計画的な指導を、コミュニケーションが活発で風通しが良く、また個々人を尊重したワークライフバランスの取れた職場環境の下で行います。①OJT対象者の戦力の早期最大化、②育てる風土の定着、③組織総合力の向上を図っていきます。

OJT対象者
:OJT指導を受ける対象者
OJT社員
:OJT対象者1名に対しマンツーマンで設定されているOJT指導担当者 (チーム長等、OJT指導スキルを有する社員)

※OJT社員による指導に加え、職場の先輩社員(特に年齢の近い社員)は、日常的なアドバイスや心情面でのフォローでOJT対象者をサポートします。

トレーニー制度
:「社内コミュニケーションの強化」「参加者のキャリア形成を目的に、社員がトレーニー(実習者)として、短期間他の職場を経験する制度。各部門間での実習が行われている。

4. 研修について

【1】内定者研修
社会人準備期間である内定者期間中を有意義に過ごしていただくために、保険の基礎知識、社会人マナー研修などを実施しています。
【2】新入社員研修、1・2年目フォローアップ研修
社会人としてより良いスタートを切ってもらうために、新入社員研修を導入しています。また、配属後約半年経過時点と2年目の際にもフォローアップ研修を実施し、若手社員の成長をサポートしています。
【3】階層別研修
中堅~ベテラン社員のさらなるキャリアアップを支援するために、各階層(役職)別での集合研修を実施しています。

5. 自己研鑚支援について

【1】ベーシックカレッジ
若手社員に向けて、「マネジメント全般」「戦略・マーケティング」など、ビジネススキル習得のためのeラーニング(コンテンツ100種類以上)を用意しています。
【2】資格取得奨励制度
社員が幅広い分野で高度・専門的な知識を習得することを目的に、当社が定めた60以上の専門資格を取得した社員に奨励金を支払います。
例)社会保険労務士、簿記検定1級、CFP(日本FP協会)など

上記の他、多数の支援メニューをご用意しています。

6. その他人財育成支援について

【1】グローバル人財育成

●海外キャリアチャレンジ研修

所属する部門を問わず、グローバル感覚を身につけることが社員一人ひとりに求められています。当社の海外事業発展に向け、本社国際部門・海外現地法人におけるキャリア形成を志す社員へのガイダンスと位置づけ各種情報提供を行います。

●海外研修制度

当社の海外現地法人などでの実践的な経験を付与するため、1年間にわたり海外現地法人などへの派遣を実施。2015年度からは公募制とし、志ある社員が積極的にチャレンジできる制度となりました。
また、2017年度からは新たに1週間の「海外短期研修制度」を立ち上げ、若手や地域型社員にも幅広く参加しやすい制度となっています。
海外研修制度体験談はこちら
【2】専門人財育成

●MBA派遣制度

中堅社員層のモチベーションアップ、次世代幹部候補社員の養成、ならびに自己啓発風土の定着を目的として、一橋大学大学院商学研究科(HMBA)や、同大学院の国際企業戦略経営科(ICSMBA)へ企業派遣を実施しています。全日制の2年間で経営戦略・経営組織・企業財務・マーケティング等の講義をベースに金融関連科目の履修を通じ、高度な専門知識を身につけることにより、社会貢献度の高い人財育成を目指します。
【3】社内チャレンジ

●ポストチャレンジ

本社・関連会社の特定部署・ポストへの異動希望や、具体的なチャレンジテーマを持っている社員を募集し、人事異動に反映させるしくみです。社員の自己実現の機会提供と、意欲ある人財や専門性の高い人財の発掘を目的としています。
トップへ戻る