AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

Uターン就職の魅力

U-turn Life

地元の外で得た知識や経験を生かし、
Uターン経験そのものを武器に。
店長やスタッフに
「いい意味で幅があるね」
と言われたことも。

斉藤満里絵

札幌自動車営業部 営業第二課

札幌出身。大学進学を機に地元を離れ、京都で学生生活を過ごすが、「地元に貢献したい」という想いからUターン就職を選択。 当課には2015年の入社より所属しており、自動車ディーラーを中心として営業を担当。自動車保険を主力として保険商品の拡販・推進に努める。

ディーラー営業は、
担当店舗の店長・スタッフと
情報・課題の共有が必須。

私の仕事は入社以来、札幌市内のトヨタ販売店などを主に担当するディーラー営業。各ディーラーのスタッフが自動車を販売するのにあわせて、一緒に自動車保険を販売してもらえるよう指導・管理することが主要業務で、勉強会や法人同行訪問なども行っています。
課内では継続契約推進委員として、朝会の時に各担当者へ報告を求めたり、数字の確認を行ったりしています。お客様に対して直接、相対することがない間接営業のため、担当店舗のスタッフに、いかに自動車保険を販売してもらえるかが大きな課題となります。
同時に、コンプライアンスなどの点での代理店指導も営業の重要な役割で、担当店舗の店長や保険推進スタッフの方と、数字や課題を共有することは必須の業務です。

「一度地元を出て、戻る」という経験自体が武器になる。

大学時代に北海道を飛び出して、友人や知人を通して様々なショックや影響を受け、たくさんのことを学びました。
就職活動を始めた頃は、せっかく北海道を飛び出して京都の大学へ来たのだから、このまま関西で就職しようか、と迷う気持ちもありました。ただ、北海道を出て初めて知ったことや新たな気付きを通して、新しい地元の一面を知ることができるのではないかとも考えていました。
結局、自分が本当はどうしたいかということと、家の都合も含めて自分に合う働き方を考えた結果、Uターン就職を選択しました。地元で働くことで、自分自身の成長とともに、新たな視点で地元に何か貢献できるかもしれないと思ったのです。

地元に戻って働きだしてみると、「一度地元を出て、地元に戻る」という経験そのものが武器になることに気付きました。地元を出ることで得た知識や経験を、営業活動のコミュニケーションのなかで生かすことで、担当店舗の店長やスタッフの方に「いい意味で幅があるね」と言われたこともあります。

Uターン就職は地元の魅力の再発見、
自分にあった働き方ができることが魅力。

私が担当している4店舗が成績低迷で、下位グループに落ちてしまったことがありました。成績を向上させるため、各担当店舗の店長や保険推進スタッフと、数字や店舗の問題点などについての対話・共有を繰り返しました。
スタッフの方とも綿密に連絡・相談を行い、一緒に数字を追いかけることで、すべての店舗を上位グループまで持ち上げることができたときには、営業担当者として、とても達成感がありました。各店長から、お褒めの言葉もいただきました。
営業3年目となるこれからは、地域貢献に力を入れて、今まで以上に数字に責任感を持ち、追求していきたいと思いつつ、私生活も充実させたいというのが目標です。

Uターン就職は、地元の新たな一面を知ることができること、自分に合った働き方ができるということが魅力です。地元に戻るかどうか、迷われている方には、自分の考える働き方と、大切にしたいことをよく考えて選択するとよいと思います。

INDEXへ戻る
トップへ戻る