AIOI NISSAY DOWA RECRUITING

住宅マーケットのスペシャリストとして、
人間的な魅力を磨き、
周囲から頼られる存在へ。

野崎 瑠里子

東京企業営業第四部 住宅推進室(※取材当時)
2014年入社

03

「私の未来」

自らが手本となり、働きやすく、働きがいのある職場づくりに貢献したい。

現在、営業担当者として前向きに仕事に取り組み、私なりの成果を出せているのも、上司・先輩社員の存在があるからです。企業営業は時にスケールが大きく、私一人では解決できないこともあります。そんな時、私の悩みに対して自分のことのように向き合い、何が一番よい選択肢か、的確なアドバイスや指導をしてくれるのが上司や先輩社員です。将来、私自身も後輩社員のロールモデルとなるような、頼れる先輩社員を目指したいと思っています。保険は無形商材であるため、代理店・お客さまに喜んでいただくためには、当社の社員一人ひとりがイキイキと働くことが重要であると考えています。実際、私の職場は皆モチベーションが高く、積極的に仕事に取り組んでいます。将来は、さらに働きやすく、女性が働きがいを持って活躍できる職場づくりに貢献していきたいと思っています。

代理店の良きパートナーとして、
共に考え、一つの目標を達成する。
頼られることがやりがいと喜び。

現在、企業営業部門の住宅推進室に所属し、住宅業界の企業(ハウスメーカーや不動産会社、マンション管理会社など)や住宅を購入された個人のお客さまへの営業活動を行っています。主なミッションは、実際に保険を販売する企業代理店(企業の保険部や営業所、関連企業など)の従業員に対して、保険販売スキームの提案を行うことです。住宅業界がマーケットであるため火災保険の取り扱いが中心となりますが、企業が加入する保険はさまざまで、自動車保険や従業員向けの傷害保険、新規事業を支える賠償責任保険など、幅広く取り扱っています。企業向けの保険をご提案する際は、住宅業界特有の悩みや情勢を分析し、多角的な視野を持つことを意識しています。
また、住宅関連企業が住宅を購入された個人のお客さまに火災保険を販売するということは、住宅の販売から万一の際の事故対応まで、住宅に関するお客さまのトータルサポーターになるということです。その一助となるべく、お客さま目線を何より大事にし、代理店の良きパートナーとして、一緒に戦略を考え、実行しています。お客さま目線を持つには、企業・個人問わず直接お会いすべきと考え、本来「間接営業」ではありますが、可能な限り代理店に同行し直接お客さまからお話を伺うということを実践しています。そういった行動が実を結び、代理店を通してお客さまから頼られ、感謝されたときは、営業担当者として何よりもやりがいを感じる瞬間です。

相手が何を求めているのか。
ニーズをすばやくキャッチし、
創意工夫する面白さ。

相手のニーズを的確に把握し、創意工夫をすることも、この仕事の面白さです。常に、「自分だったらどうして欲しいか」という観点を持ちながら相手と対話するように心がけています。例えば、保険販売が伸び悩んでいた代理店に対し、その代理店専用の「保険販売マニュアル」を作成した経験があります。既存のマニュアルではなく、その代理店の強みや特徴、悩みをしっかりとヒアリングし理解した上で作成する必要があったため苦労しましたが、代理店からは「こんなマニュアルが欲しかった」と大変喜ばれ、代理店と一緒に成長できていることを実感しました。
また、営業ですので数字を上げることはもちろん大切です。しかし、直接数字につながらないと思える場面でも、代理店に寄り添うことで結果に結びつくこともあります。これも一例ですが、本来は損害サービス部門が担当している事故対応について、代理店に丁寧に情報をお伝えしたことが信頼を得るキッカケとなり、当社シェアが大幅に拡大したことがあります。
これらの経験から、目先のことばかりにとらわれず、一見遠回りの様でも、地道に本質を見極めて創意工夫を重ねることが、成果につながるのだと気づきました。

当社の組織力を実感。
組織を巻き込める担当者を目指し、
より良い会社を創っていく。

入社3年目に経験した、思い出深いエピソードがあります。全国にグループ会社をもつ企業代理店が、それまでの保険販売の方針を変え、当社シェアが低下してしまうかもしれないという危機に陥りました。その時は、どう対処したらいいか分からず、また、どこか前向きになれない自分がいました。そんな時、私の状態にすかさず先輩社員が気づき、手を差し伸べてくれたのです。「担当者レベルではどうにもならないこともある。困ったときは周りを頼ればいい」というアドバイスを受け、先輩社員の手を借りながら、上司・役員までも巻き込んだ対応を行いました。組織一丸となって、従来の保険販売方法のメリットを訴求したことで、以前より強固な関係性で取引を続けていただけることになったのです。

私が所属する住宅推進室は、2016年に新設された当社初の女性メンバーだけの部署です。同じ女性だからこそ気が付く部分や悩む部分が似ており、相談しやすい風土があります。そんなチームワークの良さも、仕事のやりがいにつながっています。今後は、個人としての力を高めることはもちろんですが、組織を巻き込み、その力を最大限に活かすことが出来る人財を目指していきます。また、私と同じように後輩社員が困っていれば、いち早く気づき手を差し伸べられる先輩社員になることが、今の目標です。

PROFILE

野崎 瑠里子

2014年入社。大学では社会学を専攻し、公害問題の調査を行う。公害被害者の方への聞き取り調査などを通し、コミュニケーション力を養った。就職活動では、代理店を介しての間接営業に興味を持つとともに、社員の温かな人柄に魅力を感じ、あいおいニッセイ同和損保に入社を決意。入社後、1年間営業事務を経験し、2年目から営業担当者としてのキャリアをスタート。2016年、女性メンバーだけの営業部署に抜擢され、現在に至る。

座右の銘
アインシュタインの名言「昨日から学び、今日を生き、明日に期待する」という言葉です。失敗に学びつつも、落ち込むことなく、今を大事に生き、つねに未来につなげていくという意識を持つことを常に大切にしています。
自分を一言で表すと
オープンな性格だと思っています。良くも悪くも、正直に自分の感情を表に出してしまう性格です。今、自分が何を考えているのか、何をしたいのか、包み隠さず周囲に話すタイプだと思います。
「人を知る」へ戻る
トップへ戻る