人財育成体系・研修制度

1. 目指す社員像

「自ら学び自ら考え、チャレンジし、成長し続ける社員」

2. 人財育成

目指す社員像に向けて、社員の能力開発を図り、世界トップ水準の保険・金融グループに相応しい「人財」を育成していきます。また、当社のスローガンである「特色ある個性豊かな会社」「明るく元気な社員がお客さまを全力でサポートする会社」の実現に向けて、社員一人ひとりがチャレンジ意欲旺盛で、誇り、やりがい、成長を実感できる環境整備に取り組んでいます。

社員の能力開発を支える人財育成体系は「OJT」「自己研鑽」「研修」の3つの柱で構成し、社員一人ひとりの成長を積極的にサポートしています。

人財育成3つの柱

OJT
人財育成のベースは大半の時間を過ごす職場にあり、最も重要な位置付けとして取り組んでいます。OJT運営の質的向上を目指し、各種ツール・研修を総合的に見直すなど、「育てる風土」の確立へ向け全社挙げて取り組みを強化しています。
自己研鑽
変革スピード・多様化を踏まえ、社員の成長意欲・チャレンジ意欲を喚起するため、キャリア対話を導入しています。また新たな自己研鑽メニューの紹介や自学ツールの拡充など、目指すキャリアの実現に向け社員がさまざまなテーマへ自律的に取り組める環境を整えています。
研修
新入社員からベテラン社員層まで各年次・役職に求められるスキルの習得・マインドセット等を目的とした階層別研修と、各自が選択できるテーマ別研修があります。積極的にWeb化を進めるなど、集合研修の在り方についても新たな試みにチャレンジしています。

3. 職場での人財育成

当社では、目指す社員像「自ら学び自ら考え、チャレンジし、成長し続ける社員」に向けた教育施策体制を、自己研鑽・OJT・研修の三つの柱で構成し、とりわけ日常的に部下・後輩を指導する職場でのOJTは極めて重要な位置づけとしています。

OJT対象者
:OJT指導を受ける入社1~3年目の社員を指します
OJT担当者
:OJT対象者1名に対しマンツーマンで設定されているOJT指導をする人を指します

OJT担当者による指導に加え、職場の先輩社員(特に年齢の近い社員)は、日常的なアドバイスや心情面でのフォローでOJT対象者をサポートします。

トレーニー制度
:「社内コミュニケーションの強化」「参加者のキャリア形成を目的に、社員がトレーニー(実習者)として、短期間他の職場を経験する制度。各部門間での実習が行われている。

4. 研修について

【1】内定者教育
社会人準備期間である内定者期間中を有意義に過ごしていただくために、保険の基礎知識、ビジネスマナー研修などを実施しています。
【2】新入社員研修、1・2年目フォローアップ研修
社会人としてより良いスタートを切ってもらうために、新入社員研修を導入しています。また、配属後約半年経過時点と2年目の際にもフォローアップ研修を実施し、若手社員の成長をサポートしています。
【3】階層別研修
役職・年次に応じて必要な知識・スキルは多くのことを求められます。その支援を目的に各階層別に研修を実施し、社員一人ひとりの成長をサポートしています。

5. 自己研鑚支援について

【1】ベーシックカレッジ
若手社員に向けて、「マネジメント全般」「戦略・マーケティング」など、ビジネススキル習得のためのeラーニング(コンテンツ100種類以上)を用意しています。
【2】資格取得奨励制度
キャリア形成支援制度社員が幅広い分野で高度・専門的な知識を習得することを目的に、当社が定めた60以上の専門資格を取得した社員に奨励金を支払います。
例)社会保険労務士、簿記検定1級、CFP(日本FP協会)など
【3】チャレンジアカデミー
チームワークやコミュニケーション強化に役立つものから、パソコンスキルや語学力強化まで、幅広い通信研修(約400講座)を用意しています。

上記の他、多数の支援メニューをご用意しています。

6. 大学院派遣・社外研修・ポストチャレンジ・データサイエンス教育

【1】大学院派遣
金融グローバル化に向けた国際的な視野を備えた次世代幹部候補の養成、並びに他産業の優秀な人財との交流による幅広い視野を養うことを目的として、一橋ビジネススクール(HUB(経営分析・国際企業戦略専攻))へ社員を派遣しています。さらに、データサイエンス領域をけん引できる人財の育成・輩出を目的として、滋賀大学大学院データサイエンス研究科へ社員を派遣しています。
【2】社外研修
国際的視野、多様な価値観を持った人財の育成を目的として、2011年度から当社の海外子会社・関連会社等で1年間にわたり実践的な業務に携わる海外研修制度(公募制)を設けています。また、2020年度からは国内外で新規事業に取り組む新たなプログラム(ともに公募制)を追加するなど、チャレンジできるメニューの拡充を進めています。
【3】ポストチャレンジ
本社・関連会社の特定部署・ポストへの異動希望や、具体的なチャレンジテーマを持っている社員を募集し、人事異動に反映させるしくみです。社員の自己実現の機会提供と、意欲ある人財や専門性の高い人財の発掘を目的としています。
【4】データサイエンス教育
デジタル社会が本格到来する中、飛躍的に拡大するデータの利活用が企業の持続的な成長に必要不可欠となっています。当社においても、「特色ある個性豊かな会社」の実現に向けて、テレマティクス保険をはじめとした新たな商品・サービスの提供などデータの利活用に向けた取り組みを積極的に推進しています。高度専門性を有する人財の確保・育成とあわせ、部門に関わらず社員がデータサイエンスの基礎知識を習得するための教育プログラムを実施しています。
トップへ戻る